FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あなたならどっちを選びますか?

皆さん、こんにちは!
今朝は雪が積もらなかったので、息子と遊ぶことなく普通に出社しました。
今日もまじめに働いております。

話しは変わりますが、昨日知人のAさんが「住宅展示場廻ってきたとき」の話しを聞いていました。
知人のAさんからの話しを聞いて率直に思ったのは、「値段が高すぎる。大手ハウスメーカーって何故あんなに高いんやろ。」でした。

30歳そこそこの僕達には、あまりに高い値段設定やなぁと・・・

結婚もしてこれから子育てしていかないといけない世代に家だけに3000万円、4000万円もかけられへんやろ!「子育てと家のローンでピーピー言わなあかんわ。」と2人で話してました。

ハウスメーカーの家を買うお客様って、ブランド名だけで安心して買う人がほとんどだと思います。そうじゃない人もいるでしょうが。

ハウスメーカーの家があんなに高いのは、CMで有名芸能人を起用した宣伝活動、本社経費、支店経費、多数の人件費、こりにこった営業ツールなんかがあると思います。
そのお金はハウスメーカーで家を買うお客様の負担にてまかなわれている訳です。
家以外に使われるお金がこんなにたくさんあり、それらを皆さんが払っているのです。
これって馬鹿らしくないですか?

坪単価80万円や90万円もする家がすべてのお客様の需要にあてはまるモノだとは、僕は思いません。現にAさんもそんな不満を語ってましたし。

それでも、大手ハウスメーカーを選びますか?

ウチのような中小の工務店にもいい工務店はたくさんあり、お客様がその工務店をきちんと見て自分の家づくりをまかせれる工務店を選べれば、選択肢がハウスメーカーの高い家しかないという状況ではなくなると思います。

これから家づくりを考えていらっしゃるすべてのお客様に「失敗しない家づくり」ができることを心より願っております。



スポンサーサイト

奈良県在住

今日の奈良もとても寒かったですね。最低気温-2度って言ってましたね。
明日も雪降るっていってますし、外で働くモノとしてはツライです。
(僕もちゃんと現場出てますから。)
はやく暖かな季節が来ることを待ち望んでいる今日このごろです。

奈良に住んでるとなかなか雪に触れる機会がないので、明日雪が降ったら子供と遊びたいなぁと思います。雪だるまなんかつくったり雪合戦したり家族で寒い時期を楽しみたいですね。
こんなコトをおもってますがなかなか実現できるかどうか怪しいですけどね。
(普通に平日やし、パパは働かないといかんしね。)

ウチの子は今2歳ですが、来年あたりスキー場にでも連れて行きたいなぁと思います。
自分自身も大学時代はスノーボードやってましたが、社会人になってからは仕事が忙しかったですし。
仕事が落ち着いてから行こうと思ってても、そのころには雪も融けてしまいどうにもできませんでしたからね。なぜか寒い時期がとても忙しいですから。
来年は息子とソリにでも乗っておもいっきり楽しみたいです。
(注:下記の写真は私では、ありません。あくまでもイメージです。)

flash.gif


地震は怖いけど・・・

地震って本当に怖いと実感させられましたね

日本は、世界でも地震の多い国として、知られています。

今日、仕事の休憩時間に見たテレビで地震について放送してました。
番組では、大型地震がきたときの被害状況などのシュミレーションをしたり、被害の理由(家屋の倒壊、火災等)を検証したりと実に興味深かったです。
見てて気になったのが、木造住宅の倒壊による被災があまりに多く予想されていることでした。阪神大震災でも被災者の死亡負傷の理由第1位は「家の倒壊による圧死、窒息死」です。

僕(今年31歳)の親父達の年代に建てた家って結構まだ建ってますよね。
でも今の建築基準法から見たら20年以上前の建物って強度が全然たりてないってご存知でした?
今の建築基準法でも、阪神大震災級の地震には耐えられない可能性があると指摘されています。国土交通省の外郭団体の調査から指摘されているそうです。
そういう家に住んでて「家族の安全」って守られるのかな?僕はかなり危険だと思います。
古い家なんかは、特に基礎の鉄筋量なんか不足しているだろうし。
自分自身も阪神大震災を経験しましたし、「あんな悲惨な状況になったとき自分の家族が家も倒壊し、焼け野原に放り出されるそんな状況があってはならない」と強く思いました。
だから、ZENHOMEの家づくりは、耐震にチカラを入れてます
一番守りたいのは、家族でしょ。子供や妻や親。
そんな大事な家族を地震から守るために僕達地元の工務店が出来ることは、
地震に負けない家族が安全に生活できる家をつくる!」だと思ってます。

再アピール

少し前の話ですが、まだ挨拶まわれてないOB客さんにご挨拶しにいったときの話しです

このお客様は、ZENHOME発足前の株式会社川崎建設(ウチの親父の代)から知っていただいているOB客のお客様でした。

色々お話ししているとお客様から「川さんとこもいろいろ住宅事業やっててんな」と言われました。

先代(ウチの親父)の時は、土木の公共工事も結構受注してたので、周りから見たらウチの会社って土木色が強かったのかなぁと思いました。
でも土木も建築も、もっと昔のじいちゃんの代からやってたんですけどね。
住宅の新築もリフォームもやってましたが、世間の方の目に映ってたのは、公共土木の道路工事や河川工事なんかだったんでしょうね。
川崎建設の建築事業っていうのが周囲に浸透してなかったのは、ちょっとショックでしたね。

でもこのお客様が続けて言われた「でもこのZENHOMEの考えは良いわ。なんかあったらウチも頼むで」とおっしゃってくださったこの言葉ですぐ立ち直りましたけどね。

ZENHOMEを立ち上げることによって今までのお客様に「川崎建設はちゃんと建築もやってるよ」と再アピールできたことも良かったし、そのお客様からZENHOMEの考えをお褒めいただきすごく嬉しかったですね。

「自分の考えや理想は間違ってなかった」と、このお客様から元気もらいましたね。
こんな嬉しい出来事に出会えたお話でした。

こんにちは!納豆さん!

昨日晩飯の時にウチの息子がやりました。
昨日疲れて帰宅し、ウチの愛妻が用意してくれてた晩飯を食べようと大好きなコタツに座りました。僕はコタツが大好きなのです。コタツに入ると日本人でよかったなあと思えるくらい好きですね。
そしたら晩飯に納豆がありまして、それを食べてると食事を終えたはずのウチの息子(2歳5ヶ月)が近づいてきて僕のひざの上にチョコンと座りました。
それから息子は、おもむろに僕の箸を持ち、おかずの一品である納豆を食べだしました。
最初は糸伸び放題やし、コタツにいっぱい落としてましたが、妻や僕が「納豆さんの糸を切るのには、箸を回してきるねんで」と見せてあげながら見本をみせてあげたら楽しそうに箸を持ってくるくる回してましたね。それからは結構上手に食べれてました。
その後、勢いは衰えることなく全部食べられてしまいました。

2歳の子が納豆を箸で食べれるってすごくないですか?ウチの子は2歳過ぎころから箸で上手に食べ物をつかんで食べてましたが、納豆をつかんで糸を切る動作までちゃんと出来るとは驚きです。親ばかかもしれませんが、すごいと感じましたね。いつも何をやらかすか心配ですが、ちゃんと成長していってくれてるんだなと感動しました。
ウチの息子が納豆食べてます。

やっぱり野菜ジュースですよ!

めっきり寒くなりましたね
今朝いつものように起きたらけっこう雪が積もってて驚きました。
「昨晩は寒かってんなぁと」ボーッとしてたら遅刻しそうな時間になってたので慌てて着替えて車を暖気しながら、雪かきしてました。
学生時代に大阪の友人に「大阪でこんなに寒いねんから、もっと寒い奈良なんか住まれへんわ」って言われたのが頭をよぎりました。よぎっただけで特に何もないですが・・・

出社したら職人さん達がすでに待ってましたが、現場は中止にしました。こんな雪の日に無理して現場に出て怪我でもしたらつまらんですし・・・

ですから今日は1日内勤です。内勤だとタバコを吸う本数がグングン伸びていきますね。身体には悪いですけど。
僕も家族持ち(妻1人&息子1人)なので自分の健康には気をつかわないとあかんと思って、今日は1日野菜ジュースを飲んでました。

野菜ジュース健康的でいいですよ。

たばこにコーヒーやとドロドロした印象ですが、たばこに野菜ジュース。なんか健康的でしょ?と自分に言い聞かせつつ仕事頑張ってます。

謹んで年頭のご挨拶を申し上げます

謹んで年頭のご挨拶を申し上げます
 昨年は何かとお世話になりありがとうございました
 本年も何卒よろしくお願い申し上げます

                平成 二十年 元旦
                ZENHOME produced by 株式会社 川崎建設
                代表取締役 川 全家

テーマ : マイホーム - ジャンル : ライフ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。